数秘術と宿曜 ケイサトウ

数秘歴20年&宿曜歴6年、数秘33のフォーチュンカウンセラーです

暑中お見舞い申し上げます。


こんにちは。

少し遅いですが、暑中お見舞い申し上げます f:id:kabbalah-suuhi358:20190815210359g:plain



先日のこの記事、おかげさまでいつになく多くのかたに読んでいただいたようで、みなさま、ありがとうございました。

kabbalah-suuhi1358.hatenablog.com




ところで少し言葉足らずだった気がするので、続きを書いてみたいと思います。


最初に、このことは繰り返し書いているので、ひけらかしてるように見えたらごめんなさい。

私は英国に約3年ほど留学してまして、生まれも育ちもあちらという友人たちにも恵まれました。なのでわずかかもしれませんが、彼らを通して、西洋の文化や習慣に直接触れることができました。



そこで「自己主張」や「個人主義」なのですが。



私は、日本で生まれ育ち、彼らと直接かかわったご経験がないかたが想像している「自己主張」や「個人主義」と、実際に彼らがしているそれらは別物な気がするんです。


最近は、日本でも、周りの目や反応を気にすることなく自分の意見をいうことや、積極的に自分らしさを出すこと(個人主義)というのが、だんだん広まって定着しつつあります。

すると中には、なんだか、相手の神経を逆なでするような好戦的で強い言葉遣いだったり、有無を言わさず従わせようとする "押しつけ" のような「自己主張」もあったり、「それは相手にお構いなしの我がままというのでは?」、みたいな自分らしさの表現ですとか。

そうしたケースをよく見聞きします。



そしてこれはイギリスで私が見聞きした個人的な経験ではありますが、確かに彼らは、自分の考えや意見をはっきり言います。
けれどもそれはそもそも「お互い様」「違いを尊重しあう」という価値観や文化が長い時間をかけて定着しているからこそ、聞く側も、真に受けたり感情的に受け止めないで、穏やかな会話/コミュニケーションが出来ていた気がするんですね。

とにかく、日本人ほど細かくなくて、おおらかです。



けれど島国だった日本は長いこと鎖国をし、しかも厳しい自然環境でしたから、苦手な人とも助け合わなければ生きられませんでした。
もし勝手なことをしたら、村八分になり、食料も分けてもらえないわ病気になっても無視で、助けてもらえません。
そして、そうこうするうち、集団の秩序を乱す言動をしない=遠慮する、空気を読む、合わせる という日本人ならではの文化や習慣が生まれました。
英国(欧州)とは反対ですね。
彼らは、はっきりと意思表示をし、領土を侵す賊がいれば戦って自分たちの国を守らなければ、生き延びられなかったわけで。



そして西洋文化が市民生活に入り込んだのも明治以降で、長い歴史から見ればつい最近のこと。


といった国情も、日本人が討論や、意志の伝達が上手くない理由の一つかなと私は思っています。



****



私は前から疑問に思っていたことがあります。

いくらグローバル化の時代だといっても、自分たちの文化や習慣(日本人らしさ)、なので独自の個性を失ってまで、みんなが西洋化しなければいけないんでしょうかね?
それと、たかだか150年で、急にがらりと変えようとするのは無理があるんじゃないでしょうか。


そもそもの文化や歴史の土壌が違い過ぎると思うんです。
無理なものは無理。
見た目の「形」だけはすぐに真似出来ても、人のマインドや精神が変わるのにはかなり時間がかかります。



でも日本のライフスタイルは、西洋のような個人主義のそれとはかけ離れていて、「もちつもたれつのべったり」。


ということは、そんなに距離が近い間柄で、うわべだけ西洋式を真似た自己主張とか自分らしさを相手に認めさせようとすれば、どうなるか。


和を乱したくなく、もめ事やトラブルが苦手な、我慢強い日本人は、まず黙って受け入れようとすると思うんです。
でもそれが繰り返されれば、やがて我慢も限界に。
そしたらケンカになるのは当然ですよね?


しまいには縁が切れて、人間不信になり、孤立する人が増えてゆくんじゃないか?と思うんです。



****



面白いんですけど、彼らと討論しても、日本でするときみたいにイラつかないんです。
もしかしたら、強烈な嫌味を言われているのに気づかないだけかもしれませんが(笑)、それはおいておいて。


それはたぶん、聞く側の受け取り方や聞き方が、そうした強い言動をされることに慣れていて上手だからと思うんです。


また、日本人的な、そして勘違いしている人たちの主張のしかたって、こちらから先手を打って攻撃を仕掛け勝ちに行く、みたいな、言葉はきついわ、相手を否定したり批判するところから入ったりして、(あちらと比べて)、やけにイジワルだったりケンカ腰に聞こえてしかたがないです。


加えて、こうした、強いやり取りに慣れていない私たち。。。


もしそんな風に食って掛かられれば(でもご本人はそんなつもりはなかったりして)、気が短い人は負けじとやり返したくなるでしょうし、いざこざやケンカを避けようとする人は押し黙るか適当にあしらって逃げるか。


でもどちらにしても、こうした会話は「ものすごいフラストレーションとストレス」に見舞われることは間違いなく。

ならば最初からしないようにできてたらいいですよね?



ということで。


私は、内容がなんであれ、少しでも心地よいやり取りをしたいです。
自分のことを伝えたい時も、できるだけ、優しい言葉や表現を選んで。


でもだからといって、相手に全面的に合わせよう、譲歩しようとしているわけでもなく。
自分の意見や主義主張を通したければ納得がいくまでは曲げません。


話し方と、自分の意志や意見・主張することは、別物ですから。


もしも相手が自分に対して厳しい態度や口調で「反論」してきたら、それは、もしかするとこちらの言葉や態度が相手の怒りや不満に火を着けた可能性もあります。
その場合は自分でよく考えて、直すべきところがあれば直します。
(反論じゃなく、その人が冒頭からそうした態度でしたら、それは相手の問題ですよね)



何にしても、私はできるだけ、お互いに心地よい、円満なお付き合いをしたいです。
だからそれなりに気を遣います。
でもそうすることで、「あぁ、今日は楽しかったなー」って自分も相手も思ってくれたら、そうしたかいはありますから。


ただ、スマナサーラさんがおっしゃるように、暮らしの権利や平和を脅かすような人が現れたら、その人からは距離を置きます。
それは、こんなご時世ですから、やむをえないことと思っています。



ぶーん。

f:id:kabbalah-suuhi358:20190112150547j:plain



励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ