数秘術と宿曜 ケイサトウ

数秘歴20年&宿曜歴6年、数秘33のフォーチュンカウンセラーです

朝のリレー


おはようございます。


東洋医学からみた「気」について書かれた本を読んでいたら、毎朝太陽の光を浴びるように勧められてまして。

「へぇー、そんなにいいならやってみよう♪」


それからはほぼ毎朝6時くらいには起き(たまに寝坊します💦。目覚ましは使ってないので)、朝日を "眺める" のが習慣になりました。



もちろん直接肉眼で見てはいけないので、第三の目とハートチャクラで感覚的に太陽の光を感じながら受け取るようにしています。
それでも、ちゃんと「見える」んですよ。
あ、ハートチャクラが反応して感じる、といったほうが近いかも。



そうしますと、自分の身体の奥のほうから力強いパワーが溢れ、胸の奥から気持ちが満たされてゆくんです。

何より、もやに包まれ、朝焼けに染まった町の景色が美しく、なんだか神々しくて。
雨が降っていたとしても、また別の美しさを見せてくれるんですよ。
(梅雨の間も、雲の向こうを意識すれば、ちゃんと太陽を感じることができました)


ですので、同じ光景なのに、そのたびに「生命とその息吹」や「神聖なるもの」を思い出し、感動して。
毎日見ても飽きません。



それで、なんだかんだと続いています。



ダスカロスもアミも、太陽は太陽系の中でもっとも精神性が進化した霊的次元(境涯)であって、「そこには "太陽人" がいる」と語っています (永遠の大道のマイヤースも!)

彼らは私たちから見ると、大天使クラスの「高級霊」たち。
そして片時も欠かすことなく、さらに高い次元から届けられたメッセージを、私たちに送り続けてくれてるのだそうです。
こんなふうに。


すべて、愛に基づいていないものは、
こわされて
時とともに忘れさられ
捨てられていく


愛に基づいているすべてのもの
友情や夫婦
家族や仲間
政府や国家
個人のたましい、人類のたましい


これらはみな、堅固でたしかなもので
反映し、実を結び
こわれることを知らない


これがわたしの掟だ
これがわたしの約束であり、
わたしの法だ




(ここからアミ)

このメッセージはずっと深いところ、そう神から来ているんだ。
そしてここにいるひとたちはそれをキャッチして、地球のようにあまり進歩していない世界に再送信しているんだ。
向こうで誰かが受信するんだけど、必ずしも純粋に再生するとは限らない。
それは受信する人の意識の水準によるんだよ。


受信するひとの二つの脳(頭とハート)のバランスが正しく取れていれば、メッセージを正確に受け取って、新しい時代の創造性のために使われる。
けどそうでないと、歪んで解釈される。
反対に、恐怖や混乱や暴動などが増加することになるんだ。


新しい時代とは水瓶座の時代のことだよ。
地球という惑星の新しい発達段階で、数千年もの間続いた野蛮な時代の次にくる新しい愛の時代のことだ。


地球も、より繊細な宇宙エネルギーに支配されるようになり、それがすべての人の愛の成長を助けるようになる。
地球の人も幸せに生きることができるようになるんだよ。





吉村和敏さんの写真集に、谷川俊太郎さんの名作「朝のリレー」が登場します。

谷川さんの詩は、たぶん、30代くらいのかたなら、TVコマーシャルでご存じかも?です。


写真も詩も、すばらしくて、私は大好きです。



あさ/朝



f:id:kabbalah-suuhi358:20200129121337j:plain



カムチャッカの若者が
きりんの夢をみているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている



こうしている間も、地球はゆっくりと、静かに、回っています。




励みになりますので、よろしければ応援ポチをいただけると嬉しいです!(別窓OPENします)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ